FC岐阜タトゥー可の銭湯は「ふじの湯」!車で5分の距離だった!

「タトゥー客お断り」の銭湯、地元J3選手は例外…「特別扱いするのか」と苦情

https://news.yahoo.co.jp/articles/2c84c42a35a40a11a0698b0d6e7c16fa1d2a1c4a

とのニュースを受け、

  • どのような声が届いているのか
  • タトゥーの選手が入浴できる銭湯

ついて調べてみました。

目次

世間の声

確かに外国人を受け入れたり多様な文化を尊重することは必要だが、日本には日本のやり方がある。 外国人であっても不要な迎合をせずに、日本はこういう国でこういう風習なのだということをしっかりとアピールして遵守させ、その上で迎え入れるべきだと思う。

タトゥーや入れ墨をするのは本人の自由だしファッションの一種ではあるし否定はしない。ただそういう人たちに対して悪い印象を抱く人が多いのは仕方ないのでは。入浴を制限する事を差別だと言うのは違うし、タトゥーをする自由があるのならばそれに対して嫌だと思う意見も自由なのだから。あくまで差別ではなく区別だと思うが。

身体に直に入れているものだから比較にならないかもとは思うけど、ヨーロッパ旅行の際に宗教施設の見学の時には、「極端に肌を露出する服装は断られることがありますから、そのような服は着ないでください」という注意説明を受けた。
極端な制限にならない範囲でと考えると、「シールやラッシュガード等で隠さない場合はお断りします」かなと思う。隠せないほど…となると難しい点もあるのはわかっているけれど、娯楽施設であればこの対応が落とし所ではないかと。

タトゥーをしている人の中でも、一般的な方がほとんどなのでしょうが、中にはこのように世間の秩序

とは違う考え方の人もいるのでトラブルを避けたいという経営者側の意見があるのでしょうか。

岐阜の入浴施設(銭湯)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次