篠田麻里子と篠塚孝哉が不倫?旅行会社社長が倫理観を問われる大冒険との声も!

篠田麻里子さんといえば元AKB48のメンバーで、夫は19年2月に結婚。2週間後の初デート時に結婚を決め、“交際0日婚”が話題になりましたね。20年4月には長女が誕生。ママタレとしての仕事も増え、昨年5月には「ベストマザー賞」を受賞され幸せな生活を送っていると思われていました。

 しかし、最近になって不倫の報道があり、お相手は篠塚孝哉社長との噂があるので調べてみたいと思います。

目次

ネットの声

篠田さんの不倫は、実は前から騒がれていたようですね。2歳の娘さんがいるというのに、びっくりです。

篠田麻里子のプロフィール

・生年月日:1986年3月11日
・出身地:福岡県
・サイズ:身長 167cm B 87cm W 57cm H 85cm
・趣味特技:料理
・職業:モデル / インフルエンサー / タレント・著名人 / 専門家・スペシャリスト / 声優 / 俳優・女優

AKB48の元メンバーで、卒業した2013年7月22日時点ではAKB48の最年長メンバーであり、「お姉さんキャラ」として知られた。AKB48劇場内カフェから秋元康の打診を受けて正規メンバーになったという特例でもあり、同グループ在籍中から単体での活動が多かった。

篠田麻里子の不倫相手は篠塚孝哉!

離婚調停中篠田麻里子の不倫相手は「某旅行会社の代表取締役のX氏」こと令和トラベル篠塚孝哉氏で各社報道からも間違いないようです。

文春によると・・・・

不倫を責められた篠田はマンションの上階から飛び降りようとしたとのこと。

「許してくれないなら・・・」とベランダに飛び出して足を手すりにかけ、泣きながらマンションから飛び降りようとした。

その声はマンションの住民にも聞こえていたとのことで、相当な声量で叫んでいたとのことでした。

ツイッター

不倫の証拠は?

証拠は、月経周期がわかるアプリとのこと。

LINEのやり取りから5月末に複数回にわたって篠田さんが篠塚孝哉さんのマンションを訪れており、月経周期管理アプリ「ルナルナ」には二人があっていた日に「性行為の記録」があったそうです。

ツイッター

ルナルナには性行為をしたことがわかるようなアイコンがあるようです。

旦那と性行為をした日も記載されていたようですが、篠塚孝哉との行為とは区別できるようなアイコンを使用していたようです。

不審に思った旦那が篠田のLINEをチェック

不倫が発覚したいきさつは下記のとおりです。

ツイッター
ツイッター

流出したLINE画像

なまなましいやり取りがLINEでは行われていたようです。

ツイッター
ツイッター

この内容から、女性用のマッサージ店に通っているのが大沢あかねさん、指原莉乃さんとも名前があがり話題になっています。

篠塚孝哉のプロフィール

・生年月日 1984年2月28日
・出身地:千葉県
・学歴:東洋大学経済学部

中学時代はサッカーの全国大会出場経験のあるスポーツマンであることも別のインタビューでお話されていました。

篠塚孝哉の経歴

大学卒業後リクルートに入社。
2011年、宿泊予約サービスReluxを運営するLoco Partners設立。
2017年、M&AによりKDDIグループに経営参画。
2021年に令和トラベルを立ち上げ、海外旅行事業に乗り出す。

令和トラベルでは現在、海外旅行者向けのモバイルアプリを開発中。
航空やホテルなど旅に必要なものがパッケージされ、〝画面を見せるだけでチェックインできる〞といった手軽さを売りにしていく。

https://goetheweb.jp/person/article/20220314-takaya_shinozuka

篠塚孝哉(旅行会社社長)の年収は?

篠塚孝哉さんが社長を務める令和トラベルの社員の年収は、

  • 最高提示年収1000万円
  • 最低提示年収480万円
  • 平均提示年収742万円

であり、高めですね。

令和トラベルの役員報酬は公開はされていませんでしたが、旅行業界の役員の平均月収は約110万円ほどであるため、篠塚孝哉さんの年収は少なくとも1300万円はあるのではないかと考えられます。

篠塚孝哉の嫁(妻)と子供の名前や顔画像は?

篠塚孝哉さんのご家族は、娘、息子の4人家族です(本人のnoteより)

子供の名前や、嫁(妻)の顔画像はみつけることができませんでした

まとめ

人気アイドルグループにいて輝いていたのに・・・。 良い男性と巡り会えたはずだったのに・・・。

とても残念で可哀そう・・・・と思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次