高橋海人の医者役が大好評!Drコトーの後継はDrハント診療所?

12月16日から公開されたDrコトー診療所。全国347スクリーンで封切られ、この日午後3時までの動員と、土日の座席予約数により「興行収入30億円突破を狙える大ヒットスタート」となったようです。

どんな映画か楽しみにしていましたが、高橋海人さんは新キャラクター・織田判斗(はんと)役演じる都会の医師役で、反響が集まっています。

ネタバレはしないですがどんな声が集まっているのか、調べてみたいと思います。

目次

ネットの声

感動したという意見が多いです。中でも高橋海人さんの演技もよかったという意見が多いです。

キンプリ高橋海人の役どころは新米医師!

https://www.cinematoday.jp/news/N0134175

本作は、東京からへき地の離島・志木那島に赴任してきた外科医“Dr.コトー”こと五島健助(吉岡秀隆)と島の人々との関わり合いを通して、命の尊さを描いた人気ドラマシリーズの16年ぶりとなる続編。判斗は志木那島に2か月間、へき地医療の勉強でやってきた新米医師で、一見チャラそうな見た目とふるまいから島民に受け入れられないが、それでいて腕は悪くない。

判斗は物事を冷静に見ている一面もあり、コトー一人に頼り切った島の医療体制に疑問を投げ掛ける映画のキーパーソンでもある。監督は「高橋くん演じる都会から来た異分子である判斗が島の人々にもたらす気づきが物語の大事な要素になってます。クセのあるベテラン達の中で荷が重い役でしたが、一人の役者としてしっかり存在感を放っていると思います」とたたえた。

https://www.cinematoday.jp/news/N0134175

織田判斗(はんと)先生役の高橋海人さん。引用のとおりコトー先生ひとりに頼り切った島の医療体制に疑問を投げかける映画のキーパーソンでした。

これは映画を見た人でしかわからないですが、見事に演じきっていたと思います。

クセのあるベテラン達の中で荷が重い役でしたが、一人の役者としてしっかり存在感を放っていると思います

その通りだと思います。管理人は、ジャニーズを軽く見ていましたが、しっかりとした俳優さんのようでした。

コトー先生(吉岡秀隆)とのオペシーンも助手役としてオペの手技も上手かったです。

キンプリ高橋海人「ラスボスに立ち向かう感じで」思い明かす

「いざ現場に行ったら『うわぁ全然俺ダメなんだ』と思って。本当にラスボスに立ち向かう感じでやらせていただきましたね」とも振り返り、吉岡と監督を苦笑いさせた。
これに吉岡が「全然僕のがダメでしたよ! 本当に助けてもらいましたから」とフォロー。手術シーンで手順をあまり覚えていなかったが、「ずっと教えてくれたじゃない!」と話し、高橋と手術用の糸の結び方を練習したエピソードを披露。しかし、本番当日は一番細いナイロンの糸を渡され、「もう見えないもんね。どうやったら見えるの? (16年で)変わったところといえば、そこです」と「老眼」をにおわせて笑わせた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3839c6c64bbaa000b78aa178a87097b42ac2750d

やはりあの息の合ったコトー先生とのオペシーンは、「手術用の糸の結び方を練習した」成果のようです。

キンプリ高橋海人が中江監督からの愛の千本ノックを受ける!

https://www.youtube.com/watch?v=GWPmsl1CbQU

よりリアル感をだすために中江監督は、なかなかOKを出さずテイクを繰り返すそうです。

ヤモリに驚くシーンですが、これも何回も繰り返したシーンだったのかもしれませんね。

高橋海人の舞台あいさつでのコメント

そして、12月16日「Dr.コトー診療所」の初日舞台あいさつに主演の吉岡秀隆らと出席されたようです。

そこでは

皆さんのもとに届けられるこの日をうれしく思います

「自分がデビューしてお芝居のお仕事させていただいて、こんなに早く素晴らしい方々とご一緒できるうれしさと、プレッシャーもありました」

「五島健助として白衣を着るのはこれっきり、最後です」
「僕は次は『Dr.判斗』をみたいです。判斗先生、素晴らしかったですから。後はお任せします」

「背中を見させていただいて、荷が重いです。いただいた襷(たすき)を堂々と掲げられる俳優さんになりたい」

「今まで言ってこなかったのですが、海人はブラボーです。最終的には海人でしか織田判斗役はできないくらい、すごくよかったです」

「自分の言葉を表だって乗せて話すのは苦手なんですけど…アイドルで、ずっとやっていて、デビューしてから、やっと映像の作品に出させていただいて、芸能界って、まだこんなに素晴らしい場所があるんだと知れて。頑張ってやってください。言葉を頂いて手が震える思い。生きていて良かったっす。この作品に出られただけでも幸せなのに」

と吉岡秀隆さんや中江監督からも、太鼓判を押されるほどの演技でした。

併せて読みたい記事はこちら↓

あわせて読みたい
富川涼の現在の職業は会社員!Drコトーでは病理医を目指す!【ネタバレ注意】 12月16日に公開されたDrコトー診療所。全国347スクリーンで封切られ、この日午後3時までの動員と、土日の座席予約数により「興行収入30億円突破を狙える大ヒ...
あわせて読みたい
Drコトーの子役たけひろ(富川涼)が映画復帰!現在は医者? ドラマ「Dr.コトー診療所」の「原 剛洋(たけひろ)」役で知られる富岡さんですが、 2006年の出演を最後に医者になるため学業に専念するとのことで芸能界を引退しました...
あわせて読みたい
【画像】吉岡秀隆の若い頃がかっこいい!子役時代から大物俳優と共演! 映画『Dr.コトー診療所』が16年ぶりに12月16日から公開されると話題になっています。 吉岡秀隆さんと言えば、子役時代からの「北の国から」や「男はつらいよ」「Drコト...
あわせて読みたい
ドクターコトーの子役・ ひなちゃんの現在は?声優・歌手・グラビアで活躍中! Dr.コトー診療所が話題になっていますね。Dr.コトー診療所は2003年~2006年に吉岡秀隆さん主演で離島医療に情熱をかけるドクターと、島民との人間関係が描かれたドラマ...

まとめ

管理人は公開されたDrコトー診療所を早速見てきました!平日で朝一番の上映でしたが、会場はほぼ満席でした。

私以外にも、この映画を楽しみにしていた人が多かったのだ・・・・ということを実感しました。

「Drコトー診療所」の続編として「Drハント診療所」ができたらうれしいですね!

高橋海人さんのこれからの活躍も期待したいです!

ぜひ皆さんも劇場での鑑賞をお勧めします!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次